後発医薬品という選択

茶色の薬

ジェネリック医薬品というものを知っていますか?現在では薬局でもジェネリック医薬品にするかどうするか…と質問されることも多く、ジェネリック医薬品とはどのような薬なのか知っている方もいるでしょう。
ただ、知らない方は今さら聞けないということで、知ったかぶりをしている事があります。
しかし、今後賢く薬と向き合っていくためにはジェネリック医薬品について知っておく必要があります。

ジェネリック医薬品というのは、後発医薬品とも言われます。
後発医薬品は、新薬の特許が切れてから開発された薬です。どんな薬でも膨大な研究時間と費用がかけられた上で販売に至ります。そのため、発売してから数年間は独占販売できる権利があります。しかし、その特許が切れたあとというのはどこのメーカーでも後発医薬品が作れるようになっています。新薬(最初に作られた薬)に比べて研究の手間や費用を抑えることができますので、安価に販売されています。

バイアグラにもジェネリック医薬品がありますので、少しでも安く手に入れたいという場合にはジェネリック医薬品を選択すると良いでしょう。
バイアグラでもジェネリック医薬品でも成分、効果、副作用などは全て同じです。違いと言えば、形状、色、名前などです。服用する上で気になる効果は全くバイアグラと同じになりますので、ブランドを気にするという方以外はジェネリック医薬品を選ぶことをおすすめします。

個人輸入代行サイトでは、バイアグラ以外のジェネリック医薬品も多数取り扱っています。
日本ではまだ特許が切れていない医薬品でも、海外ではすでにジェネリック医薬品が発売されているということも多いです。
ジェネリック医薬品を選ぶことによってかなり治療費を抑えられますので、これから賢く活用していくと良いでしょう。